records

シンフォギアのデスデスレバーと猿を完全に破壊する実験の類似性

投稿日:

「CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア」(SANKYO)の楽しみの一つが、シンフォギアチャンス中の豊富なキャラクター選択による告知方法のきりかえだろう。
5つのモード選択が可能で①響はライン数変動型②翼は一撃決着型③マリアはボタン連打型④クリスはボタン長押し型⑤切歌(きりか)・調は一発告知型となっている…  

この⑤の一発告知きわめて中毒性が高い。
とくに切歌(きりか)選択時はいつでも告知「レバーを引くとわかるデス」というレバーを引くと当たっているかがわかるという演出で派手な擬似導光板フラッシュと、サラリーマン番長のカガミのカカカカ、カモ〜ン!!のような刺激的な告知で祝福される。
一度この刺激を味わうと中毒性が高いため、毎ゲームレバーを引き続けるプレイヤーが増加しているようだ。
一種二種混合機による80%ループと凝縮された数ゲームのチャンスというスペック面もこの中毒性の後押しとなっていると考えられる。
毎ゲームレバーをガチャガチャと引き続けるその姿は、さながら「猿を完全に破壊する実験」のようだ。
【猿を完全に破壊する実験とは】

まずボタンを押すと必ず餌が出てくる箱をつくる。 それに気がついたサルはボタンを押して餌を出すようになる。 

食べたい分だけ餌を出したら、その箱には興味を無くす。 腹が減ったら、また箱のところに戻ってくる。 

ボタンを押しても、その箱から餌が全く出なくなると、サルはその箱に興味をなくす。 

ところが、ボタンを押して、餌が出たり出なかったりするように設定すると、 サルは一生懸命そのボタンを押すようになる。 

餌が出る確率をだんだん落としていく。 
ボタンを押し続けるよりも、他の場所に行って餌を探したほうが効率が良いぐらいに、 餌が出る確率を落としても、サルは一生懸命ボタンを押し続けるそうだ。 

そして、餌が出る確率を調整することで、 
サルに、狂ったように一日中ボタンを押し続けさせることも可能だそうだ。 ( 参照元

-records

Copyright© さよなら、私の愛したパチンコ業界 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.