records

意識の力で乱数に変化が?!

投稿日:

プリンストン大学の心理学ロジャー・ネルソン博士たちは、乱数発生器 (0 と1 がランダムに出るが確率は1/2になるよう設計。量子を利用)を世界の約 50カ所に設置し、 24H データ採取する地球意識プロジェクトを実行していた。

大きな事件・事故が勃発した時、大きな偏りが現れないか?というのを探るのがプロジェクトの目的である。 2001.9.11同時多発テロ事件では、世界の集計データは発生の11 日から大きく逸脱したというデータが得られた。

この時、なぜ乱数発生器が異常な値を示したのか、このことに関心をもったノエティック科学研究所の超心理学ディーン・レイディン博士は、ネバダ砂漠の真ん中で行 われる「多くの人が参加して巨大な人形を燃やす」バーニングマンというイベントで、壮大な超能力実験を行った。

乱数発生器を使って、極度に(7万人の) 意識が集中すると、変化が現れるのではないか?という仮説を立てた。

会場に6台のシールドされた精密な乱数発生器を分散配置、巨人像に集中、点火、燃え上った。

その瞬間に230万分の1 の確率で起こる大きな偏り(1の発生ばかり)が現れた。 

7万人の「意識のパワー」が、大きな変化を引き起こしたことが確認された。

7万人で230万分の 1ということなので、

250人くらいで祈れば、8192分の 1のGODが引けちゃうかも!?

-records

Copyright© さよなら、私の愛したパチンコ業界 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.