records

なぜパチンコがやめられないのか?

更新日:

ヒトには、良くないとわかっていても、なかなかやめられないものがある。酒、たばこ、ギャンブルなど、やめられないものはヒトによってさまざまだが、どうしてもやめられないものができてしまう背景には、脳の働き、特に、神経伝達物質であるドーパミンの存在がある。
ドーパミンは、動物が生存に必要な条件が満たされた場合に放出され、気持ちよさや幸福感といった快感をもたらす。それによって、生命を維持するために最適な行動を促すことができ、快感はその報酬に相当する。脳には快感回路とも呼ばれる、こうした報酬系が備わっているのだ。
報酬系の基本的なしくみは、回虫など原始的な構造の線虫もヒトもあまり変わらない。しかし、ヒトの場合、報酬系は記憶などと絡み合う。私たちは、気持ちいいと感じる行動を記憶している。過去の経験から気持ちよさをもたらす経験がランク付けされ、報酬系がより刺激される体験を求めるようになるのだ。
ギャンブルなどのリスクの高い行動がやめられない場合も、リスクを取ることに報酬系が強く刺激されるためだといわれる。
実験などで脳の報酬系を自分の手で直接刺激することができるようになったラットは、食事も睡眠も何もかも忘れて、ひたすら刺激し続ける。
ラットだけでなく、ヒトでも同じことが起こる。つまり、報酬系を刺激する術を知ってしまうと、動物はその誘惑に抵抗できなくなり、快感を得るために、ひたすらその行動をしてしまう。たとえ、その行動で自分の生活が破綻するとわかっていても、簡単にやめることができないのだ。
(出典:『脳と心のしくみ 最新科学が解き明かす!』 池谷裕二監修)
発売日:  2015年11月著者/編集:  池谷裕二出版社:  新星出版社発行形態:  単行本ページ数:  223pISBNコード:  9784405108042

一度ビギナーズラックなどで 
大きな快感を得てしまうと、 
「報酬系」の回路ができてしまい、 

いつの間にか、 
「勝つ」という目的よりも、 
「リスクを取る」という過程の方に 
俗にいう「スリル」のような 
刺激を求めてしまう体になってしまう… 

ということか… 

「さらば諭吉!」と万札をサンドに 
突っ込んでいる瞬間が案外一番刺激を 
感じている時なのかもしれない…

-records

Copyright© さよなら、私の愛したパチンコ業界 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.