records

ジャグラーとかいう最強のスキナー箱

投稿日:

バラス・スキナーの「スキナー箱」

スキナー箱(英称:Skinner box)は、オペラント箱(operant chamber)、オペラント実験箱とも呼ばれ、主としてラットやハトのオペラント条件づけや行動研究に用いる実験装置である。アメリカの心理学者、行動科学者バラス・スキナーによって開発された。

スキナー箱に絶食させておいたネズミを入れ、ブザーが鳴ったときレバーを押すとエサがもらえるようにしておくと、やがて、ネズミはブザーの音に反応してレバーを押すようになり、ブザーが鳴った直後にネズミがレバーを押す頻度(確率)が増加していく。これが正の強化の一例である。


・このとき「レバー押しの動作がエサで強化される」と表現される。


・エサは出現したことによって直前のオペラント行動の自発頻度を高めたので好子と表現される。


・絶食させたことが、餌に強子としての特性を与えた(確立した)ので、絶食を確立操作という。


・ブザーはエサに先行して出現しているため先行刺激と呼ばれる。


・ブザーが鳴っているときにはレバーを押し、鳴っていないときには押さなくなった場合、ブザーは弁別刺激と呼ばれる。

引用:Wikipedia

連続強化と部分強化

レバーを1回押したらエサが出てくるという風に、行動1回に対して好子(強化子)を提示するのを連続強化という。

対して何回かやったら好子(強化子)を提示するのが、部分強化という。

上記のネズミの実験の場合、エサがたまにしか出ないようにすると、ネズミはエサが出るまでレバーを押し続けるようになるという。

このようにレバーを押すという行動を続けさせたい場合は部分強化を使う。

レバーを何回か叩くとたまにGOGO!ランプがペカる箱

我々は実験のネズミのように、たまにペカるあの神々しい光のために、繰り返しレバーを叩き続けている。

絶食状態ほどではないが、貧乏でお金が無い状態、一か八かでサンドに入れた千円でペカったGOGO!ランプに助けられ、美味しい焼肉を喰って帰ったあの日の強烈な喜び…

もう一度あの光が見たい…あの光さえ見られれば…繰り返し強化される日々

全国に2〜30万台あるジャグラー、平均20回前後ペカるGOGO!ランプ、日に10億回叩かれるレバー(適当な概算です)

ジャグラーこそ人類にとって最強のスキナー箱なのかもしれない…

-records

Copyright© さよなら、私の愛したパチンコ業界 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.