records

ワイ、沖海でアンマーが流れてきて胸が苦しくなってしまう…

更新日:

かりゆし58の「アンマー」

アンマーは沖縄の方言で母の意味。

沖縄を舞台にしたエウレカセブンAOでアオがエウレカをアンマーと呼ぶ演出をパチスロでみた人もいるだろう…

曲を聴いていただければわかる通り、どうしようもないクズだった男が母に迷惑をかけまくっていた半生について歌っている。

何もせずにただ毎日をだらだらと過ごし続け

浴びる程に飲んだ私が明け方眠りに落ちる頃

まだ薄暗い朝の街へ母は出て行くのでした

引用:アンマー歌詞より

沖海の大当り中「アンマー」に感じる罪悪感

沖海でアンマーをはじめて聴いた時、

この曲で表現されている「ろくでもないクズ野郎」に、台に座っている自分が結構あてはまってしまって、変な罪悪感を感じて胸がギューっと苦しくなってしまった。

パチンコを飲む、打つ、買うの「ま~たバカなことしちゃったな」というモラトリアムの通過儀礼としての「必要悪」の遊びだとするのなら、母ちゃんに迷惑かけてここに来ているやつが母ちゃんの顔が浮かんでしまうという状況はものすごく我に返ってしまって居心地悪い感覚なのではないだろうか。

逆に海のメイン客層であるおばちゃん(アンマー)側の心境としてかなり感動する良い歌に聞こえるかもしれないけど…

-records

Copyright© さよなら、私の愛したパチンコ業界 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.